新社会人のためになるスキルアップ方法論を徹底解説!

>

論理的思考力を身につける

スマート思考で説得力を磨こう

仕事を次のステップへ進めるためには上司や先輩の承認を得なければなりません。
貴方が組織に属していて決済権を持っていない場合はそうなります。
スマートに仕事を進めるため思考もスマートに切り替えて説得力を磨いてゆきましょう。

身近な方法として、課題に対し導き出した答えを報告する際には先ず「結論」から述べるように心がけます。
何故結論からなのかは報告を受ける側の立場になってみると理解出来ます。
理由や根拠の説明から長々聞かされると、聞き手はどんな結論なのか余計な思考をする事になります。
生徒が先生に問題を出されているようで上司と部下の立場が逆になったような苛立ちを覚えるかもしれません。

先に結論が分かれば話に入ることも容易ですし、スッキリした気分で説明を聴きながら指示の準備もしやすくなります。
「簡潔で分かりやすく納得のゆく説明」というのがスマートなのです。
この実践を繰り返すことで思考も論理的になってゆきます。

プレゼンテーションで発信力を磨こう

ビジネスのプロセスで最も注目されるのがプレゼンテーションです。
プレゼンテーションには社運をかけて行う大規模なものからチーム内で行う小規模なものまで様々です。
10分与えられたとして、初心者が抑えておきたいプレゼンテーションのコツをいくつかピックアップします。

分かりやすくまとめる
・伝えたいことを1〜2つに絞る。たくさんあったとしてもできる限り絞ってみましょう。
・スライドは5枚程度で構成・流れをしっかり考える。

聞きやすい話し方
・1分300文字が適正と言われていますがMAXの300×10分=3000文字で埋めない。
・間を入れてメリハリをつける。数秒沈黙して注目を集めるテクニックもあります。
・目線を固定せずに一人ひとりに話しかけるように話すのが効果的。

説得力のある内容で
・根拠を事例や数値で裏付ける。
・心理学を利用する。
・「それってどういうこと?もっと詳しく聞かせて」と思わせるような余韻を残す。


この記事をシェアする