ビジネススキルはどうやってアップさせる?

新社会人のためになるスキルアップ方法論を徹底解説!

コミュニケーションスキルを磨こう

誰しも気持ちよくビジネスを進めるために相応のマナーというものが必要です。 マナーの中にもは見た目を整える外見的なマナーと相手を思いやるような内面的なマナーがあります。 勿論互いにリンクはしているのですが、それぞれについてどうあればスキルが身についてゆくのか考えてみましょう。

論理的思考力を身につける

職場で何かと求められるのが論理的な説明です。 上司も先輩もこれが出来ていないと納得してくれませんし、貴方も苦労しているのではないでしょうか? では論理的思考とは一体何なのか考えてみましょう。 恐らく簡単に言えば「相手の納得を導き出すためのスマートな思考」です。 これについてのテクニックを解説してゆきます。

セルフマネジメント力が備われば一人前

この能力を手に入れることができれば、管理職や経営者への道も開けてゆくでしょう。 自分自身を管理できるということは上から何かを指示されなくても適切にミッションを遂行できるということです。 新人の頃は先輩や上司に言われるがままで勿論その力はありません。 セルフマネジメント力を磨くための方法をご紹介します。

ビジネスはマナーが基本

ビジネスは決して一人で成り立つものではありません。
自分以外の誰かと協力をしなければ成し遂げられないものです。
チームが決まったら現在地から目的地までの地図・工程をプロジェクトリーダーが描きます。
工程の節目ごとにメンバーが集まり、現在地の確認を取りながら進めるのです。
そこで重要になるのが人とのコミュニケーション力です。
「聴く力」、「理解する力」、「伝える力」この3つを磨くことが必要になります。

中でも「聴く力」は最も基本であり大事な要素です。
ただ音や声を聞くだけの「聞く」とは違うことを意識しましょう。
「聴く」を分解すると「耳と十と(横になった)目と心」で成り立っています。
人の話を目と耳と心を十分に研ぎ澄まして聴くことを心がけ、まずは自分が話すのではなく相手に話してもらうことを優先しましょう。
目を見て相槌を打ちながら表情豊かに、話を促すよう心から受け止める努力をしてみてください。
このような姿勢で聴くことにより「聴く力」が自然と身についてきます。

次に「理解する力」です。
時には話の要領が得なかったり、理解が難しい場面もあります。
そんなときも面倒くさいと思わずに、相手と一緒に解決するという気持ちを持って接してください。
なぜなら全てのビジネスは問題を解決するための行為だからです。
貴方の寄り添う気持ちが相手からの信頼を獲得し、より良い仕事ができるでしょう。

最後は「伝える力」です。
相手の意見をよく聴き理解が出来たら、自分なりの意見を分かりやすく伝える必要があります。
コミュニケーションは何らかの回答がないと成立しないものです。
堅く考える必要はありませんが、相手のレベルに合わせて分かりやすく、概要から論理的に伝える事が肝要です。
例えば何か商品を提案するなら「この商品はここが優れているからこの問題の解決には良いと思います」といったように問題点と解決に適した部分を簡潔に伝えるのです。